sponsored links @ @

老人性難聴とは

年で耳か遠くなるのはしかたないんだとあきらめていませんか?


聞こえのわるざをがまんする必要はありません。
老化が原因の難聴には,補聴器を使用することで聴力を補えます。

誰でも年齢とともに耳が遠くなってきたんだと、
つい思いあきらめがちになります。

とにかく聞き、間違いが多くなり、
人付き合いに苦痛を感じとまどいがちになる。

耳が遠くなることで気まずさを、
痛感することが多くなります。

早口で喋られれたりしたらもう、
お手上げです。

またお店の中が騒々しいところでは,
相手の言葉がよく聞き取れにくく、

「あした」の言葉が「はしか」聞こえたり、,
話がよく理解できずあがつてしまつたりして
とても生活上に白由を感じることがふえてきます。

年をとれば,音を伝える感覚器官にも老化は起こります、
情報を伝える神経も,
音の認識する大脳も老化によって機能が低下しでいきます。

このように「音の伝達経路」に起こる老化から,
聞こえをわるくなります。

しかし補聴器を使用することで聴力を補うことができます。

年の衰えをとるにしたがって聴力が低下していくのは,
防ぎようのないことなので、

ただ聞こえの悪さのに隠れている病的な要因を、
お医者さんで確かめておくことは必要ですね。

老人の難聴であるなら,それだけで聴力が、
完全に失われてしまうことはありませんので、

早めに補聴器、集音器などを使用を始めて生活の
不自由さを改善してゆきましょう。

posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老人性難聴とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114182393

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。