sponsored links @ @

この音が聞こえなくなったら難聴です

音を表現するとき人はさまざまな言い方をします。

大きい音、
強い音、
カン高い音、
ソフトな音、
小さい音、
弱い音、
低い音など
また、キンキンした音、
ザーという風のような音、
ドンドンという太鼓のような音など、
いわゆる擬声音といわれる表現も数多くあります。


一般に音の大小や強弱をいうときには物理的な音の量や音圧
(レペル)のことをいい、高低は音質、すなわち
”音色”のことをいいます。


したがって「あの人の声は低い」というと「小さい」
という意味ではなく、「声の質が低い音域」という意味になるのです。


どの音が聞こえなくなったら難聴だとは一概には言えません。
単に音といっても低音域、
中音域、
高音域、
さらに低音域と中音域の間の
音域や中音と高音の間というように、さまざまな音域があります。


低音域とは小さい音ととらえられがちですが、
大小ではなくソプラノに対してのアルトといった意味での
低い音域ということです。


低音域の代表的なものとしては和太鼓の音などで、
高い音域の音では鈴の音などです。


多くの老人性難聴の場合、
両耳ともほぼ同じように高音域から聞き取れなくなります。


ところが中・低音は正常なレベルにあることが多いために
、耳に入ってくる音が小さいわけではないので、
自分では難聴になっているという自覚がうすく、


「自分は言葉は聞こえているので難聴ではないが、
意味がわからない」と訴えるようになります。


これにはいくつか理由がありますが、
そのひとつは高音域の聞こえが悪くなっているために、
言葉のはしばし(子音部)が聞き取れず、
違う言葉と勘違いしてしまうために起こるのです。


話し言葉で見てみると、
母音をつかさどる音域は低く、
子音をつかさどるのは高音域です。


日本語の場合五十音すべての音が5つの母音に分かれていますから、
子音をつかさどる高音域が聞き取れなければ、


音としては聞こえていても肝心な意味をもつ言葉が抜け、
大筋はわかっても細かい部分での理解が難しくなってきます。


人間のロや喉の構造自体、
発声するとき子音はなかなか大声にしづらいようにできているのです。


受けるほうの耳もその音域の感度が落ちていて、
ある程度大声になくくなる、
いわゆる話し言葉の組み立てがうまくいかないということに
つながってくるわけです。


音の強さはデシペルで表し、高さはヘルツで表します。


人の会話の中心となる周波数はだいたい500ヘルツから
4000ヘルツまでです。


ふつうに話していて「えっ?」
「もう一度言って」というように、
何回も聞き返すようになったら難聴になっている疑いが
あると考えてよいでしょう。


伝わらなければならない音の一部が聞こえなくなってきている
可能性が高いのです。


たとえばテレビの音量など、
当人の耳に合わせると他の家族にとってはうるさく
感じられるといったことです。


こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。