sponsored links @ @

伝音性難聴

難聴は次のようにいくつかに分類されます。

伝音性難聴

外耳から中耳への伝音系の障害による難聴です。


耳介、いわゆる耳たぶから鼓膜までが外耳と呼ばれています。
たとえば耳介が生まれつき小さい場合がありますが、
それだけでも本来の聞こえを得るには難しくなります。


耳に手を当てるだけで相当聞きやすくなりますが、
常に手を当てているのが通常と考えると、
耳介が小さいということはその手が外れるということです。


ちなみに、片方の耳に手を当てると、
聞こえは10デシペル以上アップすると言われており、


これは10メートル離れて話している人が
2〜3メートルまで近づいたほどの差なのです。


生まれつき耳介が極端に小さいというのも伝音性難聴のひとつです。


外傷などによって耳介に損傷を負った場合も同様になります。


また生まれつき耳の穴がないという場合もあります。


その奥は普通なのですが、耳がふさがっている場合があるのです。


耳の穴というのはある程度距難がありますが、
そこで音が増幅して大きくなり、それをさらに鼓膜でキャッチして、
なおかつ耳小骨でさらに大きくして、
というようにうまくできているのです。


それのどれがなくなっても障害が起きても音がうまく
伝わらないということになります。


単に耳垢が外耳道に詰まっただけでも聞こえにくくなりますし、
生まれつき外耳道が狭い場合もあります。


また耳管狭窄といって、中耳腔からのどに通っている耳管が狭くなったり閉鎖している場合も、気圧調整ができなくなり、鼓膜が内側に陥没した結果起こる難聴もあります。


あとは中耳炎などで難聴になることがあります。


鼓膜と神経がいっぱい集まっている蝸牛の間に中耳という
部屋があると考えましょう。
その部屋は耳管によってのどと鼻につながっています。


通常、風邪をひいたりするとロの中、鼻の中の細菌が
耳管を伝わって耳の骨がある部屋へ行ってしまいます。


そこで雑菌が増殖することによって化膿し、
うみがたまり鼓膜や周囲の神経を刺激して痛みがでます。


それが急性中耳炎です。


また、中耳は頭蓋骨にも直接つながっていますが、
頭蓋骨は住宅の建材で言えば気泡の入っているコンクリート
のような状態で軽量化されています。


中耳炎などでそこが化膿して溶けると、
すぐ裏は脳ですから死に至ることさえあるのです。


内耳にも影響を及ぼし、平衡感覚に支障をきたすのも予想できます。


中耳は、通常は空洞になっている部屋ですから、
そこに膿がたまれば動きが鈍くなりますし、
なんとなくつまった感じがするといった状態になります。


それが一杯にたまってしまって鼓膜に穴が開いて耳だれとなり、
外に出ていってしまう場合もあります。


穴が開いた鼓膜と開いていない鼓膜とでは、
当然音をキャッチする能力に差が出ます。
 

鼓膜自身は皮膚と同じで、切れたりしても再生能力を侍っています。


しかし何度も繰り返すと、もともと弱くなっていますし、
繰り返すことによってその傷の部分が固くなってしまいます。


固くなるということは鼓膜にとって良くない状態なのです。
 

余談になりますが、こういったことを考えると、
竹製などの耳掻きでしょっちゅう耳をかくのは危ないことです。


間接的な危険として、耳掃除の動きにつれて竹の耳径きの先に
ついている白いフワフワの毛が動くのを、タンスの上の揚が狙っ
て飛びついたという例もあるのです。


鼓膜が破れるくらいならまだしもですが、蝸牛まで突き刺して
しまうことになったらどうしようもありません。
 

伝音性難聴は、耳鼻科での治療で治る場合が比較的多く、補聴器も
リニアタイプ(後述)の簡単な調整で満足度が高いのです。




こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝音性難聴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114454971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。