sponsored links @ @

補聴器の種類

補聴器の種類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

補聴器は、パワーを上げ、なおかつ、小さくなるように進歩している。それは、電子工学の進歩と歩調をそろえている。

初期(1960年代)の補聴器は、弁当箱ぐらいの大きさだった。1970年代ぐらいになると、タバコ箱ぐらいの大きさになった(『ポケット補聴器』という)。いずれも、受信部、バッテリーが収まった箱をポケットに入れていた。そして、イヤーモールドとよばれる、耳あなにはめ込む樹脂殻と細いケーブルでつながっていた。
1980年代は、外耳の上部に引っ掛けるような形の補聴器(『耳かけ補聴器』という)が現れた(外耳の上部に引っ掛ける機具の中に、受信部・バッテリーが入った。これらとイヤーモールドは短いチューブでつながっていた。)。
1990年代になると、耳の内部に入れるタイプの補聴器(『耳あな補聴器』という)が現れた(イヤーモールドの中に、受信部・バッテリーなどが全て入った。)。
2000年代になると、今までのアナログ補聴器とは異なるデジタル補聴器が現れた。(アナログ補聴器は、基本的に入った音を全て拡大する。なので、雑音も拡大されてしまう。デジタル補聴器は、人の声を拡大し、雑音をなるべくおさえるように細かく調節できるタイプの補聴器。しかし、最先端の補聴器のため価格がアナログ補聴器と比べて高い。)
現在使われている補聴器は、耳かけ補聴器、耳あな補聴器が中心。少数の人が安価なポケット補聴器を使っている。

デジタル補聴器の使用状況は20〜25%ぐらい。

補聴器には、電話の声が聞きやすくなるよう、受話器のスピーカが発する磁気を受信し、その信号を増幅する機能がついているものがある。(この機能がついている補聴器には「T」(テレフォン)という切り換えスイッチがついている。「T」に切り換えると、内蔵マイクからの音声を拾わなくなるため、雑音が低下し声が聞きやすくなる。また、最近では磁気誘導ループという磁界を発生させる装置もあり、そのサービスを提供してもらえる場所では、同じく「T」に切り換えることでクリアな音声を得られる。また、モノラルイヤホンの振動板を抜くなどの改造をして、補聴器用イヤホンとしてiPodなどで音楽を聞く人もいる。
現在、補聴器の電源として、主に空気亜鉛電池が使用されている。
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。