sponsored links @ @

補聴器「通販は避けて」

国民生活センターで実験を行った補聴器(左)と集音器。形にほとんど違いは見られない=神奈川県相模原市

国民生活センターで実験を行った補聴器(左)と集音器。形にほとんど違いは見られない=神奈川県相模原市

 ■集音器と酷似→専門店で購入

 インターネットやカタログなどを通じて通信販売されている補聴器、集音器には、「音量が大きすぎる」「会話に適さない」など、問題のある商品が少なくないことが、国民生活センターの調査で分かった。通販では使う人の聴力や耳の形に合わせたフィッティングが行われないため、健康被害が出る恐れもあるという。(田辺裕晶)

 国民生活センター商品テスト部によると、補聴器は薬事法で定められた「管理医療機器」で、製造や販売について一定の基準がある。一方、集音器は同様に耳につけて使うが、同法の認証を受けていない。このため集音器は、難聴者の使用をすすめるような効能・効果を宣伝することが禁止されている。

 同センターは今年2〜7月、複数の通販で販売されている補聴器5機種と集音器5機種を購入し、安全性や補聴効果についてテストした。

 補聴器や集音器は、最大出力が大きすぎると聴覚に悪影響を与える恐れがある。そこでボリュームを最大にして、90デシベル(トラックの往来などに相当)の音を入力した結果、補聴器3機種、集音器4機種で、日本補聴器工業会の出荷基準である120デシベルを超えた。

 また会話音を聞き取りやすくするため、補聴器は1000ヘルツ以下の低音よりも、2000〜3000ヘルツの高音を増幅する仕組みになっている。だが補聴器2機種と集音器5機種は逆に高音より低音の増幅が大きかった。

 低い音を増幅する機種は健常者が聴けば音が大きく、軟らかく聞こえる。だが「ま」と「な」、「た」と「か」など難聴者が聞き分けづらい音声を区別するには高音を増幅しなくてはならず、こうした機種は会話に適さない。

 さらにハウリング(ピーピーと勝手に音が鳴る状態)が起こりやすい機種や、電力の消費量が極めて大きいために年間で10万円前後の高額な電池代が必要な機種もあった。

                × × ×

 「補聴器は医療機器。事前の相談やアフターケアを受けられない通販での購入は、避けるべきです」。帝京大学医学部の小寺一興教授(耳鼻咽喉科)は話す。

 通販でまず起きる問題は、「必要ない人が買ってしまう」ことだ。加齢に伴い聴力が衰えても、補聴器を使うほどの状態でないことも多い。このため不用意に購入した結果、「買ったけれど使わなかった」という相談が絶えないという。

 さらに小寺教授は、集音器についての問題点を強調する。集音器はバードウオッチングなど健常者が楽しむための商品であるにもかかわらず、難聴者の使用に適しているかのような広告・宣伝が多いという。「宣伝を信じて買う人も多いが、難聴者が使っても役に立たない。さらに健常者用だから大きな音が出る物もあり、耳を痛めて逆に難聴が進行します。非常に悪質です」と語る。

               × × ×

 安全に買うにはどうしたらいいのだろう。

 小寺教授によると「難聴は病気です。まず耳鼻科で検査を受け、信用できる販売店で購入することです」という。

 日本耳鼻咽喉科学会では平成18年から補聴器相談医制度を開始。委嘱された全国約3000人の耳鼻科医が、購入した補聴器が役に立つかの判断や、店に対して機種の再検討・再調整の依頼などを行っている。「中には必要以上に高い機種を売りつける店もある。学会のホームページで最寄りの相談医を検索し、購入前に話を聞いてみては」と小寺教授はアドバイスする。

 日本補聴器工業会によると、補聴器を販売している店は全国で約6000店(推計)。うち日本補聴器販売店協会に加盟している店は約1000店。また専門設備を備え、認定補聴器技能者が常駐する認定補聴器専門店は500店に満たない。工業会では「加盟店や専門店なら医療機関との連携もあります。協会のホームページで検索するか、工業会((電)03・5283・6244)に問い合わせてほしい」と話している。

産経新聞 Sankei WEB (2007/09/20 08:18)転載
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。