sponsored links @ @

補聴器ばかりか助聴器や集音器も

補聴器ばかりか助聴器や集音器も 用途・機能・値段 理解して選ぼう
補聴器にもいろんな種類がある

補聴器にもいろんな種類がある
 耳が遠くなった高齢者にとって補聴器は便利だが、両耳分で50万円以上かかる高価な物もある。その一方、「助聴器」や「集音器」と呼ばれる、数万円程度の補助器具も出回っている。これらは補聴器とは性能などが異なる物で、聞こえにくさの程度、用途などをよく考えて利用する必要がありそうだ。

 補聴器メーカー団体の日本補聴器工業会の統計によると、2006年の補聴器の国内出荷台数は、前年比2.6%減の約45万9000台。高齢社会で潜在ニーズは大幅に増えているはずだが、1996年に40万台に達して以降、微増にとどまっている。その要因の1つが助聴器などで、専門家を介さずに通信販売などで売られているためと。。。。。。。
=2007/09/25付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/topics/20070925/20070925_001.shtml
タグ:補聴器
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57618129

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。