sponsored links @ @

骨伝導補聴器「きき耳くん」/21世紀の画期的骨伝導補聴器

骨伝導聴音補助器「きき耳くん」送料無料=骨伝導補聴器にも匹敵する集音器+骨伝導ヘッドホンの最強タッグ【ホホエミネットショップ】

現状の補聴器は音を拡大して耳に入れてやるだけの方法であるから鼓膜も序々に衰えていきます。また、聴神経もそれにつれて老化していきます。

その点、骨伝導は人間の持っている機能のひとつである骨の振動による音の伝わりを利用しています。 鯨の海中でのコミニケーションは骨伝導を利用していると言われていますし、かのベートーベンも晩年タクトをくわえ(歯が骨振動を最もよくつたえる)ピアノにその先を押し付けて聞いていたといわれています。 古くから知られていた理論ですが有効で手軽な機器がこれまでありませんでした。 テムコジャパンは骨伝導のマイクロフォンをいち早く製品化し、各国のセキュリティー関連に販売してまいりました。最近になって耳の保護(騒音下)と耳をオープンにした状態での部隊活動用デバイスの開発要請があり開発した製品が骨伝導スピーカーです。(日本、米国特許取得)。従来の骨伝導製品とは全く仕組みを新たにした画期的スピーカーなのです。


まず、骨伝導が難聴の方だけのためになる技術ではなく広く一般 に有用な技術であることをお断り してから骨伝導がどの程度の難聴の方に有効かについて申し上げます。

難聴といってもおおまかに伝音性・感音性、両者をあわせもつ混合性(右図)という部類に分けられます。音の伝わる経路に問題がある場合が伝音性難聴で蝸牛以降の聴神経系に問題があるのが感音難聴とおおまかに分けることができます。

骨伝導は伝音系をとばして直接聴神経系に音を振動として伝えるので基本的には感音難聴には効果 が無いと考えられますが、両者の性格をもつ混合系の代表格ともいえる加年齢性の難聴には非常に有効です。一度実際に試してみるのが一番いいかもしれません。
骨伝導でどの程度の音が聞こえない方が聞こえるのかについて説明いたします。
20db〜40db 小さい声の会話が聞き取れない
遠い救急車のサイレンが聞き取れないレベル
40db〜70db 普通の会話が聞き取れない
テレビラジオの音が普通の音では聞き取れないレベル
70db〜100db 大声で話しても聞こえにくい
耳元で大声で無いと聞き取れない
普通の人が耳が痛くなる様な音でないと
(例えば、救急車が家の前にいる時の
サイレンの音ぐらいでないと)聞き取れないレベル
100db〜 ろう


アメリカ陸軍での使用例
前項でも申し上げましたが、骨伝導は難聴だけでなくいろいろな場面 でもう実際に使われています。


もともと骨伝導は耳をふさぐことなく無線や通信の内容を明瞭に聞き取れるのでその特性を利用して次のような場面 で使われています。
アメリカ陸軍 自衛隊や消防のような活動も行い右の写 真のようにマスクなどもするのでコミュニケーションには骨伝導が不可欠。
自衛隊 アメリカ陸軍と同じ理由です。
東京消防庁 自衛隊やアメリカ陸軍と同じ理由ですが防炎服をすっぽりとかぶり炎による熱だけでなくばあいによっては爆発の音から耳を守るため。
大阪市バス バス運転中でも耳をふさがないので安全な運行をしながら指令所からの指示が受けられる。
レストラン お客様と会話したり、様子をうかがいながらセンターからの指示を聞ける。
アミューズメント
パーク お客様との会話は勿論、アメリカ陸軍同様センターとの交信も即座にでき、非常時の案内や迷子センターとのコミュニケーションに利用。

このように、骨伝導は耳を介さずコミュニケーションをとることができるという特性を活かし特長ある用途が無限に近くあります。
■ マスクやヘルメットをかぶっていても交信が可能という特性
  消防や災害救助の現場・潜水中でのコミュニケーション・有毒ガスや細菌内での会話・完全滅菌状態での会話
■ 耳が全くのフリーになるので耳を完全に保護できるという特性
  ジェットやヘリコプターなどの高騒音下でのコミュニケーション・工事現場での会話・コンサートやライブにおけるスタッフ同士のやり取り
■ 同じく耳がフリーなので耳からは周囲の状況が把握しやすいという特性
  敷地面積の広大なレストランやアミューズメント施設のスタッフ・オペレーティング作業・ホテルや商業施設の案内係
■ 骨伝導で聞く音がほぼ頭骨内中心部でやさしく明瞭に聞こえるという特性
  音楽療法(日本音楽療法学会にて試験中)・難聴者の耳のリハビリテーション
■ 骨伝導そのものの特性ではないが多チャンネル化が可能なので
  国際会議場などでの同時通訳しかも軽中度難聴の外国の方でも聞こえる
■ そして勿論難聴の方が聞こえやすいので
  通常の使用のほかに難聴により言語能力が減退している方の言語リハビリテーション


@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

補聴器スッキリ☆快適耳ライフ!

注射器状の細いノズルで耳垢、油分、湿り気をグングン吸い取ってくれる便利グッズです。これで1台で、高額なメンテナンス料を払わなくても、いつでも快適な耳ライフをお過ごしいただくことができます。

送料無料♪補聴器用バキュームクリーナー【快適生活】
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

みみもとくんαは、テレビの音量を上げなくてもテレビの音声が耳元でハッキリ! 

みみもとくんα (02)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】


テレビの音量を上げなくても、テレビの音声が耳元でハッキリ聞こえます。赤外線コードレス耳もとスピーカーで、高齢者が聞き取りにくい高音域2〜4キロヘルツが明瞭になります。また、補聴器との併用でさらに聞き取りやすい!コードレスだからとっても便利です。
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

両耳用補聴器 みみ太郎 SX-008W【快適生活】

自然な立体音ですばらしい聴こえを実現した両耳用補聴器 !


送料無料★両耳用補聴器 みみ太郎 SX-008W【快適生活】
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

あっ、 耳がこんなに喜んだ! 小さな音・声も驚くほど 鮮明に聞こえる! 小型・軽量の 耳穴式補聴器。

小さな音・声も驚くほど 鮮明に聞こえる!耳穴式補聴器、外観もお洒落なウェーブデザインの専用ケース付き。


敬老の日ギフト♪小型・軽量・鮮明に聞こえる!耳穴式補聴器【イヤーウェーブ】【仰天価格すぐくるジャパン】
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

補聴器つて,どのような問題があるの?

補聴器つてどうなの
何か、つけたらバラ色のような気がしますが?
補聴器使えるのはだいたい4〜5年といわれてます。

耳穴形補聴器の場合

補聴器は耳アカがたまりやすく、たまると音が聞きにくく、
故障しやすくなります。そのため毎日手入れがたいせつです。

補聴器の電池の持ちは、
普通1〜2週間くらいです。@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

進化する補聴器 「隠す」から「魅せる」時代

最近補聴器をかけてる人が、目に付きますが、
昔のような野暮つたさが感じられないが!!


進化する補聴器 「隠す」から「魅せる」時代
2007年3月19日(月)03:25 産経新聞より引用

 見せない? それとも見せる? 耳の不自由な人をサポートする補聴器の進化が顕著だ。とくに難聴の程度が軽い場合、補聴器の使用に抵抗を覚える人が少なくないのが実情だが、透明素材を利用することで目立たなくした耳穴式の高機能商品や、逆にこれまでのイメージを払拭(ふっしょく)したカラフルなデザインの小型耳掛け式商品が登場。潜在需要の掘り起こしへ、業界のアイデア合戦が始まっている。

 スターキージャパン(横浜市、吉岡茂人社長)は、音のこもりや「ピー」というハウリングが起こらない耳穴式補聴器「デスティニー・スケルトン」を2月に発売した。


 従来の耳穴式補聴器では、音声がこもって聞き取りにくかったり、補聴器のマイクから入った音が本体の通気口を抜けて還流し、ハウリングを起こしたりする欠点があった。デスティニー・スケルトンは通気口を大胆に広げるとともに同社の制御技術を活用することで、こもり感とハウリングを同時に解消。さらに、小型化した本体に透明素材を採用することで外見上はほとんど目立たなくした。


 「症状の軽い人は、補聴器を使用することを心理的に嫌がる傾向が強い」(同社)ため、耳にぴったり入るサイズに収め、日常生活のほかスポーツやレジャーにも違和感なく利用できるようにしたという。


 一方、耳の上にかけて固定するタイプの耳かけ式では、最大手メーカーのリオン(東証2部上場)が「隠す」から「魅(み)せる」への変革をコンセプトに、カラフルな色合いやデザインを前面に出した「リオネット・ロコ」を発売した。


 中度の難聴までカバーする機能を備えながら軽量・小型化を実現。耳掛け部分をカラーデザインし、日本人になじみやすい緑を中心に13色そろえたほか、エアブラシアートデザイナーの八巻昌子さんがデザインした限定モデルも用意した。


 補聴器に対する抵抗が強いためか、国内では潜在ユーザーのうち4人に1人しか補聴器を使用していないという。同社は「バリエーション豊富な色とコンパクトな形で補聴器のイメージを変え、もっと身近なものとして受け入れてもらいたい」(聴能機器営業部販売推進課の松崎謙一主任)としている。




@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

人工内耳

人工内耳
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
移動: ナビゲーション, 検索

人工内耳の内部構造人工内耳(じんこうないじ)は、聴覚障害者の内耳の蝸牛に電極を接触させ、聴覚を補助する器具である。

目次 [非表示]
1 構成
2 効果
3 生活上の留意点
4 乳幼児に人工内耳をつけることに対する様々な意見
5 関連項目
6 外部リンク



[編集] 構成
人工内耳はマイクロホン、音声分析装置、刺激電極、電波の送・受信機からなる。マイクロホンが外の音声をとらえ、体外にある音声分析装置で音を電気信号に変換する。電気信号は、非接触で内耳にある電極へ送られ、電極が聴覚神経を刺激する。蝸牛は部位による周波数特異性をもつので、電極は複数個埋め込む。どの電極をどの程度刺激するかは音声分析装置の中のプロセッサが決定する。


[編集] 効果
電極の数には限界があり、プロセッサのプログラミングにも限界があるので、蝸牛本来の信号は得られないわけだが、現状でも成功例ではかなりの程度音を聞き取ることができるようになる。

人工内耳をつけても、100%聞こえるようにはならない。一般的に90〜100dB以上の音が、40〜50dBぐらいの聞こえ方になる。中には劇的に聞こえるようになる人もいれば、あまり効果がなく外してしまう人もいる。人工内耳は通常、どちらか片方の耳につける。元々聴覚者であり聴覚を失った場合は埋め込み手術をした後、音に慣れるために1〜2ヶ月ぐらいのリハビリテーションが必要になる。聾に生まれた子供の場合は言語を習得させることも含めて数年の訓練期間が必要である。また既に成人の聾者の場合は全く新しい感覚と言語を習得することになるので機能的効果が見られない場合も存在する。

聴覚を取り戻したい人にとっては有効な手段である、健康保険も適用される。しかし体内に機械を埋め込む事に対して抵抗を感じる人が多いのも実状である。


[編集] 生活上の留意点
人工内耳をつけた後でも、水泳や入浴は可能。しかし、スキューバダイビング、頭部に衝撃を与えるスポーツ(ボクシングなど)は不可である。


[編集] 乳幼児に人工内耳をつけることに対する様々な意見
日本は、中途失聴した大人につけることが多い。最近は、乳幼児に人工内耳をつけることが増えてきている。人工内耳は器具と手術の費用だけでなくその後の訓練に関する人件費など非常に高額であるためその使用は先進国に集中している。欧米では、大人はもちろん、乳幼児につける例が日本と比べて多い。子供が成長にともない言葉を覚えるように、成人の時に手術を受け(人工)聴覚を初めて得る場合より、子供の時のほうが脳の人工内耳からの信号に対する対応がはやい。子供の言語の習得が早い時期に行われることもあって2歳が目安とされる。

また欧米ではろう者(聾者、ろうしゃ)を障害者でなく手話という文化をもった民族(マイノリィティー)と捉える考えがろう者間の間では公民権運動の一環として強力なため、同朋の人口の縮小を恐れた聾者の間では人工内耳に対する強力な反発が存在する。一部では「黒人の子供を医学によって白人に変えるようなものである」、あるいは「文化的民族浄化である」などの主張までも聞かれる。特に自己決定のできない乳幼児に(聴覚者である)親の裁量で人工内耳をつけるのことには強い反発が存在した。しかし国が医療費用を受け持つ欧米の先進国では聴覚障害の幼児の親の大多数が人工内耳の手術を選択するという現実が存在するため、最近ではこれらの人工内耳をつけた子供たちが聾学校で手話と口話の両方の教育を受けられるようにすることで聾文化の維持を要望する意見が多数である。人工内耳や他の医療技術の進歩によって障害が消滅すること望ましいことであると非聴覚障害者の間では当然の如く認識されているが、聾者の間では聾文化が将来的には消滅するのではないかとの危惧が存在する。


[編
タグ:人工内耳
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について

補聴器 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

補聴器
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
移動: ナビゲーション, 検索
医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。
補聴器補聴器(ほちょうき)とは、聴覚障害者の聞き取りを補助する補装具である。

補聴器は原理的には、音を拡大する機能だけである。マイクで音を集めて、アンプで音を増幅し、スピーカーで音を発生させる。これを小型化したのが補聴器。個人個人の聴力や使用状況にあわせた補聴器を専門店や医療機関で調節したほうがよい。

補聴器は精密なため、非防水の腕時計と同様に、汗や雨などによる水分侵入に弱い。(一部には、防水の補聴器もある。)



目次 [非表示]
1 補聴器の種類
2 関連項目
2.1 日本における代表的なブランド
2.2 日本国外のブランド

タグ:補聴器
@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 補聴器について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。