sponsored links @ @

この音が聞こえなくなったら難聴です

音を表現するとき人はさまざまな言い方をします。

大きい音、
強い音、
カン高い音、
ソフトな音、
小さい音、
弱い音、
低い音など
また、キンキンした音、
ザーという風のような音、
ドンドンという太鼓のような音など、
いわゆる擬声音といわれる表現も数多くあります。


一般に音の大小や強弱をいうときには物理的な音の量や音圧
(レペル)のことをいい、高低は音質、すなわち
”音色”のことをいいます。


したがって「あの人の声は低い」というと「小さい」
という意味ではなく、「声の質が低い音域」という意味になるのです。


どの音が聞こえなくなったら難聴だとは一概には言えません。
単に音といっても低音域、
中音域、
高音域、
さらに低音域と中音域の間の
音域や中音と高音の間というように、さまざまな音域があります。


低音域とは小さい音ととらえられがちですが、
大小ではなくソプラノに対してのアルトといった意味での
低い音域ということです。


低音域の代表的なものとしては和太鼓の音などで、
高い音域の音では鈴の音などです。


多くの老人性難聴の場合、
両耳ともほぼ同じように高音域から聞き取れなくなります。


ところが中・低音は正常なレベルにあることが多いために
、耳に入ってくる音が小さいわけではないので、
自分では難聴になっているという自覚がうすく、


「自分は言葉は聞こえているので難聴ではないが、
意味がわからない」と訴えるようになります。


これにはいくつか理由がありますが、
そのひとつは高音域の聞こえが悪くなっているために、
言葉のはしばし(子音部)が聞き取れず、
違う言葉と勘違いしてしまうために起こるのです。


話し言葉で見てみると、
母音をつかさどる音域は低く、
子音をつかさどるのは高音域です。


日本語の場合五十音すべての音が5つの母音に分かれていますから、
子音をつかさどる高音域が聞き取れなければ、


音としては聞こえていても肝心な意味をもつ言葉が抜け、
大筋はわかっても細かい部分での理解が難しくなってきます。


人間のロや喉の構造自体、
発声するとき子音はなかなか大声にしづらいようにできているのです。


受けるほうの耳もその音域の感度が落ちていて、
ある程度大声になくくなる、
いわゆる話し言葉の組み立てがうまくいかないということに
つながってくるわけです。


音の強さはデシペルで表し、高さはヘルツで表します。


人の会話の中心となる周波数はだいたい500ヘルツから
4000ヘルツまでです。


ふつうに話していて「えっ?」
「もう一度言って」というように、
何回も聞き返すようになったら難聴になっている疑いが
あると考えてよいでしょう。


伝わらなければならない音の一部が聞こえなくなってきている
可能性が高いのです。


たとえばテレビの音量など、
当人の耳に合わせると他の家族にとってはうるさく
感じられるといったことです。


こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響

実際に補聴器を購入する際の手順

まず耳鼻科の医師に相談してほしいと思います。


場合によっては治療によってよくなったり、
重大な疾患があったりすることがあるからです。


単に耳垢が詰まっているだけという場合もあります。


診断の結果、補聴器が必要となれば、
医師から補聴器専門店を紹介してもらえるはずです。


患者の話をよく聞いて、しっかりしたフィッティング
(補聴器の調節のこと)をしてくれる店に行くことをお勧めします。


聞こえの程度は個人によってかなり異なります。
フィッティングを丁寧にやらなければ、
自分に合った補聴器は手に入りません。


補聴器は補助器具ですから、
もともとの難聴の程度に応じて限界もあります。


説明をよく聞き、
限界を理解したうえで納得してから購入すべきです。
フイッテイングしながら補聴器に慣れるまで
1か月くらいかかります。


自分の求める聞こえに対して貪欲になってほしいと思います。




こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響

補聴器は両耳につけたほうがよい

以前は片耳だけの装用が一般的でしたが、
現在は、両耳につけることを勧めています。


内耳装用のほうが生理的でバランスがよく耳にやさしいからです。
両耳装用の場合、まず方向感覚がよくなります。


また両耳から音が入ったほうが大きく聞こえるため、
補聴器の音の増幅度を下げることができます。


大脳での理解も両耳から聞こえるほうがより明瞭になるのです。
さらにいうと、人間の体は使わないと衰えます。


骨折して固定していたときに、その周辺部の筋肉が衰えるはずです。
耳も同じことで、使わない耳は神経が衰えていきます。
使えるものはバランスよく使ったほうがいいのです。


内耳の難聴の度合いに差がある場合でも、
以前は難しかったのですが、
今の技術ではかなり対応ができるようになっています。
両耳分購入すると金額的にどうしても高くなってしまいますが、
それ以上に両耳装用に伴うメリットのほうが大きくなるはずです。


こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響

個人差が大きい聞こえのメカニズム

だれでもある程度の年齢になると体の機能が低下してきます。


聴力についても同じで、
個人差はありますが30歳代には既に
聴力の低下が始まっているといわれています。


高齢になれば聞こえづらくなるのは当然で、
難聴はだれにでも起こりうる現象といえるのです。
 

日本において難聴を訴えている人は全人口の約5パーセント、
つまり600万人いるといわれています。


そのほとんどの人が補聴器を必要としていると推定されています。
一方で、補聴器の出荷台数は年間約40万台にすぎず、
補聴器の寿命が5年と仮定すると約200万台しか普及しておらず、
普及率が極めて低いことがわかります。
耳の老化は30代から始まっている


普及の進まない原因は何でしょうか。
まず体裁を気にすることがあげられるしょう。
見た目に年寄りくさく、
格好悪いという人が多いのではないでしょうか。


また、従来の補聴器は機能的にも問題があり、
雑音があったり音が大きくなり過ぎたりと、
使用者にとってあまり良いイメージがなかったことも事実でしょう。
 

しかし、補聴器はこの数年で飛躍的な進歩をとげています。


機械自体のみならず、フィッティング
(補聴器を聴力に合わせて調整すること)の技術など販売する側の
技術的な進歩も目ざましいものがあります。


こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 15:32 | Comment(1) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響

耳の"聞こえ"が悪いとなやんでませんか?

耳の"聞こえ"が悪いとなやんでませんか?

年齢とともに聴力はおとろえます。

「人の話が聞き取りずらい」と悩んでいませんか?

あきらめずに、補聴器を試してはいかがでしょうか。

聞こえが良くなると、自信を取り戻し、外出が楽しくなりますよ、

★補聴器の寿命は3〜5年、買い替え、メンテナンスも

受け付けてくれます。。。。。

最近こんな広告がやけに気になるなあ〜

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響

 難聴による健康への影響

大きな音からかすかな物音まで
世の中にはいろいろな音があります。


音による情報は耳で判断するのではなく、
最終的には脳で理解するわけです。


それらすべてをきちんと正しく認知できることによって
脳の活性化にも大きく影響します。
 

一般的に精神面で、
難聴になると生活そのものが内向的で消極的になります。


また聞くことへのあきらめが先立つためか、
物事に無関心になったり、
人との付き合いを避けるようになるようにもなり、
外出を避けるようになってますます行動的ではなくなってきます。


話が通じにくくなって人との意思の疎通が難しくなり、
疎外感から孤独になってしまいます。


高齢者の場合、それがボケにつながると言われています。


耳の聞こえとボケは非常に密接な関係があります。


外界からの刺激がないことによると考えられています。
耳が聞こえないということはとても疎外感を感じやすいものです。


目の場合は見える見えないと、
具体的なことですからわかりやすいのですが、
耳の異常は外からは見えず、本人にしかわかりませんし、
精神的な変化は抽象的にしか表しようがなく、
第三者には伝わりにくいものです。


健康ということではありませんが、
耳が聞こえないことによる交通事故は多いのです。


特に後ろから来る車の物音や気配、
もちろんクラクションも聞こえませんから、
危険に気づかず歩いています。


車に来っている側は当然クラクションに気づいて避けるものと
思い込んでいるため、事故につながるわけです。


それで訴訟事になることも少なくありません。


スポーッはできそうに思われがちですが、
チームプレイのものは声を掛け合って合図するものが多いですし、
球技の場合は球の音で判断することも多いのです。


特にそれまでは聞こえていた人間にとっては、
五感のひとつが欠けることによる不便さは想像以上の
ものがあると思います。


●聴力について

聴力は○○デシペルといった数値で表せますが、
聴力測定は、本人に音を聞いていただき、
聞こえるかどうか答えていただきます。

これによって聴力がどのくらい、○○デシベルと表わすのですが、
この結果はあくまでも本人の申告によるもので、
本人の心理により異なるものとなります。

また、聞こえ始めの大きさが同じでも、
音の大きさと聞こえ具合は必ずしも同じではありませんので、
聴カレペルだけが聴力を表わすわけではありません。

年齢、住んでいる環境などによって感覚は違いますから、
実際に補聴器を使ったときの感覚は個人差がとても激しいのです。

また、病歴、どうして耳が悪くなったのか、単なる老人性のものか、
突発性で悪くなったのかといったことも影響します。

補聴器はただ一定の合わせ方をするのではなく、
使っている本人の個々の感覚に合わせなければいけません。

感覚とはいわば「うるさい」と感じるとか「この音が気になる」
といったことで、使う用途によっても違います。

また、家のなかでテレビを見ているだけの場合と、
会議できちんと聞き取りたいという場合とでは合わせ方が違います。

実際に相談を受ける際にも、
使う人のお話をしっかりうかがった上で調整をしなければ
満足のいくものにはなりません。

購入してからも調整を何度もやって、
アフターケアで満足度を上げていくというのも必要だと思います。
 
補聴器を付けていないときはカラスの声が聞こえなかったが、
装用後は窓を開けるとカラスの声がうるさくてしょうがない、
なんとかしろと言われて困ったことがあります。


一緒にいらした奥様が「あのカラスはうるさいのよ」と
おっしやっていました。


そういった、
つけたことによって聞こえるギャップに初めはびっくり
なさることはあるでしょう。
 

面白い話として、犬がかじって壊してしまったという活かありました。


飼い主の匂いがするのでじやれたのでしょうね。


あとはコロコロころがるので猫が遊んで隠してしまったとか。
 

補聴器を通して不快に聞こえる音の代表に紙の音があります。


紙を手に持つて波打たせるようにしたときに
発するパキパキといつたような音は破裂音で、
強く入ると不快に感じる音です。


補聴器を通して強い音になるとなおさらです。



こんなに違う間違いなしの補聴器選び
HOYA補聴器研究会
河野淳東京医科大学医学博士監修より転載させて頂きました。

@@
posted by 補聴器, 魅せる補聴器の時代て何なのさ!! at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |  難聴による健康への影響
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。